ホストクラブのトラブル解決に強い弁護士・若井綜合法律事務所

ホストクラブでのトラブルの紹介とその対応方法

トラブル1 料金が高額にのぼることがある

(トラブルの内容)
ホストクラブの料金は、初回は数千円というお試し料金であったりするのですが、二回目以降の利用において料金が高額化することがあります。

担当ホストから高額なボトルを入れて欲しいと強引に迫られ断り切れずオーダーしてしまった後でボトル分のお金は返すからと言われてオーダーしてしまったなど料金をめぐるトラブルは後を絶ちません。

ホストクラブ側は後にトラブルになったときのことを考え、伝票をきちんと作成しておくなど最低限の対応をしております。

他方、オーダーした際の状況(例えば、強引に迫られた、騙されたといった事情)については何ら証拠がなく、後にこちらの言い分を主張しても、言い合いになってしまうことが多々あります。
この場合、飲食の料金が発生していると証拠を見る限りは言えるので、料金の支払を後から拒否するのは簡単ではありません。


(対応方法)
ホストクラブでのトラブルは弁護士に無料相談まず、強引に高額のボトルを入れるよう迫られたような時は、店の責任者を呼んでもらうようにしましょう。それでも十分な対応をしてもらえない時は、すぐに精算にして店を出るようにしてください。つかまれたり、押されたりしたときは、110番通報してください。

後で料金の支払を拒むことができると考えるのは危険です。
いかにオーダーをせずにその場を離れるかという点を第一に考えましょう。

次に、後でボトル分のお金は返すからとホストから一時的な立て替えを依頼されたときですが、店との関係では皆さんが支払義務を負うことに変わりはなく、後に本当にボトル分のお金を返してくれるかは分からないことから、立て替えは危険です。
証拠がなければ、そんな約束をした覚えはないなど、後から何とでも言えてしまいます。
後で返してもらえるという期待はせず、立て替えは拒否しましょう。

上記のように対応するのがベストですが、それでもオーダーをしてしまったというときには、速やかに弁護士にご相談ください。
ご事情を伺い、証拠があればそれを拝見して、出来ることを考えます。
時間が経てば経つほど戦いにくくなりますので、速やかにご相談いただくことが重要です。

 

トラブル2 売掛金の支払スケジュールで揉めることがある

(トラブルの内容)
ホストクラブの料金が高額化する傾向にあることはお話をしたとおりです。
この料金について、一括で支払うことができれば良いのですが、数十万~時に数百万にものぼる料金を一括で支払うことができず、いわゆる売掛金(「うりかけ」「かけ」などと呼んでいます)として、支払いを一定期間待ってもらうという取り扱いをしているケースが多くあります。

この売掛金については、担当ホストの責任において管理を行い、回収ができなければ店側に自ら立て替えて支払わなければならないという取り扱いが多いようです。
そのため、売掛金を回収するために担当ホストは必死になる訳です。

過去にご相談をいただいたケースでは、頻繁に脅しのようなメールや電話が入る、実家や職場に連絡が入る、手を上げられるといった事案がありました。
追い詰められて、消費者金融や親族からお金を借りさせられたり、風俗店で働かされたり、売掛金の支払を行うためにつらい思いをされている方がいらっしゃいます。

もちろん飲食の代金であるため原則的には支払義務を負うものではありますが、上記のようなかなり強引な取立に遭遇すれば、追い詰められることによって自身の健康や生活が必要以上に害されることになります。


(対応方法)
ホストクラブでのトラブルは弁護士に無料相談弊所でお受けする場合、原則、ご相談の即日に相手方(担当ホストまたはお店)に受任の連絡を行い、窓口として全て引き取ります。

その後は、相手方との連絡手段についてブロックをしていただくことで、一切直接の接点を持たないでいただき、支払総額及び支払のスケジュールの交渉は全て弊所で行います。

支払スケジュールが確定した後は合意書を作成し、ご要望があれば、弊所の口座から相手方に支払うなど債務の管理を行います。
なお、弁護士が介入した後も、担当ホストがメールや電話、時に直接の訪問をするなどして支払を要求してくるケースがかなり多くございます。

一切ブロックをしていただくのが前提ですが、もし連絡がそれでも来るようであれば、弁護士からの警告のほか、相手方の態様によっては恐喝行為にも該当する可能性があるため、警察への対応を要請することで対処いたします。

 

トラブル3 手をあげられるなど暴力をふるわれることがある

(トラブルの内容)
担当ホストからの営業は時に強引になることがあり、ご相談いただいたケースの中には殴られた、蹴られたというケースもございます。

これらの行為は少なくとも暴行罪に該当しますし、怪我の程度によってはより重い傷害罪、お金の要求等と合わされば恐喝罪や強要罪に該当することもございます。

このような行為を受けると、怖くて断ることができなくなり、さらに債務額が拡大してくという形で事態の悪化を招くことがございます。


(対応方法)
ホストクラブでのトラブルは弁護士に無料相談まず証拠を保全することが大事です。
少なくとも診断書は取るようにしましょう。可能であれば、担当ホストが暴行を自認する旨の発言をLINEやメール上で残せれば、なおプラスです。
また、速やかに警察において被害相談をしてください。日数が経過すると、その後事件化をしたくても、証拠が散逸しているなどの事情により警察が介入できなくなってしまうことがあります。
そのうえで、弁護士にご相談ください。

暴行等に対する損害賠償請求のほか、暴行が関係する形でホストクラブを利用したのであれば、料金の支払義務を免れることができる可能性もあります。また、脅され続けることでさらに債務が拡大してしまうという状況から脱することもできるかと思います。

お知らせ

電話番号リンク 問い合わせバナー