よくある風俗トラブルについて

風俗店を利用すると、ときおり不当請求のトラブルにまきこまれるケースがあります。

この場合、風俗を利用したことを家族に知られたくないために、トラブルが大きくなってしまう例が多いので注意が必要です。

今回は、よくある風俗トラブルの概要をご紹介します。

 

1.風俗での本番トラブル

風俗を利用すると、ときどき風俗嬢に本番を要求してトラブルになってしまう例があります。実際には行為に及ばなくても、風俗嬢から「強姦されそうになった」などと言われて訴えられそうになるケースもあります。

風俗店から高額な慰謝料を請求されて困ってしまわれる方が多いです。

 

2.風俗での盗撮トラブル

風俗店で、盗撮をしてトラブルになってしまう方もおられます。スマホなどでこっそり撮影していたのがバレて、店から高額な慰謝料を要求されてしまうのです。

 

3.風俗を辞めさせてもらえない

風俗嬢やキャバクラ嬢などの場合、お店を辞めたいと言っても辞めさせてもらえないことがあります。違約金や迷惑料などさまざまな名目でお金を請求されてしまうケースも多いです。

 

4.風俗で働かされそうになる

望まないのに風俗店やキャバクラで働かされそうになる方もおられます。

何らかの事情で脅迫されて「支払えないなら店で働いてもらうしかない」などと言われてしまうパターンです。

 

5.親や職場にバラすと脅されている

風俗店やキャバクラなどで働いているときに店を辞めようとするときなど、経営者から「親にバラすぞ」「会社に言うぞ(副業のキャバ嬢の方などの場合)」と言われて辞めさせてもらえなかったり、客から脅されたりするケースがあります。

 

6.ホストの売掛が高額になってしまった

ホストクラブに通っていると、気づかない間に多額のお金を使ってしまうものです。いつのまにか支払えないほどの負債ができて、店から「払えないなら店で働け」「借金してでも払え」など脅迫・恐喝されてしまいます。

 

以上のように風俗絡みでは非常に脅迫や恐喝のトラブルが多いです。当法律事務所は、歌舞伎町や池袋、新宿などの風俗トラブルを数多く解決してきた不当要求に専門性を持つ弁護士事務所です。もしも今不当請求に遭っているならば、トラブルが拡大してあなたやご家族の身に危険が及ぶ前に、早急に弁護士までご相談下さい。

 

よくある風俗トラブルについて

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ