風俗での盗撮トラブルについて

風俗店を利用しているとき、こっそり盗撮しているところを見つかってトラブルになってしまうことがあります。相手の許可無く勝手に容ぼうを撮影するのは違法行為ですから、相手から高額な慰謝料を要求されて困ってしまわれる方も多いです。

今回は、風俗店における盗撮トラブルへの対処方法を、解説します。

 

1.風俗店での盗撮は違法

風俗を利用するとき、調子に乗ってこっそり盗撮してしまう方がおられます。

まず、相手の許可無く盗撮する行為は違法です。公共の場所であれば迷惑防止条例違反となりますし、私的な空間であれば軽犯罪法違反となります。また、勝手に相手の容ぼうを撮影することは肖像権侵害になりますから、不法行為も成立します。

そこで、盗撮が風俗店や風俗嬢に見つかると、お店や風俗嬢から多額の損害賠償金を求められるケースがあります。

「支払わなかったら家族や職場にバラす」などと脅されて、仕方なしに高額な金銭を支払ってしまう方もおられます。

 

2.金銭請求に応じるべきではない

しかし、盗撮トラブルに遭ったとき、相手の言うままのお金を払うべきではありません。

いったん支払いをしても、後に「彼女の具合が悪くなった」「あのときの慰謝料は一部にすぎない」などと言われて追加請求されるケースがあるためです。

また、慰謝料には適正な相場の金額があり、盗撮で何百万円などの多額のお金を支払うべき義務はありません。

相手の請求内容や方法が度を超している場合、風俗店や風俗嬢の行為が脅迫罪、恐喝罪などの犯罪に該当する可能性もあります。

 

3.弁護士に相談すれば、ブロックできる

盗撮トラブルが起こったら、早期に弁護士に相談すべきです。弁護士が間に入り、相手に不当請求を控えるよう警告を行うと、相手が退いていくことが圧倒的に多いからです。

電話で済むこともありますし、実際に弁護士が店に行って交渉するケースもあります。

 

当事務所では、風俗店の不当要求トラブルの解決を非常に得意としており、これまで北海道から沖縄まで出張して全国のトラブルを解決に導いてきました。早期に相手をブロックすれば、家族に知られずに済ませることも充分に可能です。風俗店でトラブルを起こしてお困りの際には、問題が大きくなる前に、早急に弁護士までご相談下さい。

 

よくある風俗トラブルについて

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ