不当要求を受けていてすぐに弁護士に相談した方が良いケース

高額な金銭を不当に要求されたときは弁護士へクレーマーや暴力団などから不当な要求をされている場合には、一刻も早く弁護士に相談すべきです。対応を迷っている間にも、どんどん状況が悪化して、家族などにも知られてしまう可能性が高くなるからです。

今回は、不当要求の被害を受けていて、早急に弁護士に相談した方が良いケースをご紹介します。

 

1.脅迫、恐喝被害を受けている

たとえば交通事故を起こしたときに、「被害者」から強い勢いで迫られて不当に高額な賠償金を要求されるケースがあります。

また、ストーカー被害を受けていて、「交際をしないと殺す」などと言われたりつきまとわれたりすることもあるでしょう。

このように、脅迫や恐喝の被害を受けているのであれば、一刻も早く弁護士に相談してください。弁護士が対応することにより、不当要求や脅迫行為をやめさせることが可能です。

 

2.不当に金銭を支払わされた

相手から脅されて、支払う義務のないお金を支払わされるケースがあります。このようなときにも、一刻も早く弁護士にご相談下さい。

早期に対応すれば、支払ったお金がそのまま戻ってくる可能性もありますが、時間が経てば経つほど、取り戻しは困難となるためです。

 

3.会社や家族にバラすと脅されている

不倫した場合や援助交際をしてしまった場合などには、相手から「会社や家族にバラす」と言われて脅迫されることがあります。このようなとき、周囲に知られることをおそれて言われるがままに金銭を払ってしまう方もおられます。しかし、そのようなことをすると相手の要求がどんどんエスカレートして被害が大きくなるだけです。

早急に弁護士が介入することで、相手をブロックし、周囲に知られる危険性もなくすことにつながります。

 

4.会社や家族に危害を加えられるおそれがある

相手によっては、会社や家族に危害を加えるおそれがあるケースが考えられます。

このような場合にも、一刻も早く弁護士にご相談下さい。弁護士が介入することで、大切なご家族の身の安全を守ることにつながります。一人で悩んでいると、ご家族に危害を加えられたり勤務先に迷惑をかけられてしまったりするおそれが高まります。

 

上記のケース以外であっても、不当要求を受けている場合には、早急に弁護士に相談すべき事案がほとんどです。「これは不当要求では?」と少しでもお心当たりがおありであれば、お早めにご相談下さい。

 

すぐに弁護士に相談した方が良いケース

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ