不当要求で、金銭を取られてしまった方へ

  • 不当請求にあってお金を脅し取られた
  • 相手の勢いに負けて、支払をしてしまった
  • 高額過ぎる慰謝料を脅し取られた
  • 脅迫されたので仕方なくお金を支払った

上記のように、不当要求でお金を取られてしまったのであれば、一刻も早く弁護士までご相談下さい。

 

1.不当に金銭を支払わせられるケース

脅迫や恐喝被害に遭うと、相手の勢いに負けたり恐怖してしまったりして、本来支払う義務のないお金を支払ってしまわれる方が多いです。

たとえば「殺す」と言われたり「支払をしないと帰さない」と言われたりするケースもあります。また、交通事故を起こしたり不倫したりして、こちらに落ち度がある場合に相手から高額な慰謝料を請求されることも多いです。

 

2.不当要求で支払ったお金を取り戻すことができる

そのようにしてお金を支払ってしまったとしても、法的な支払い義務のないお金であれば取り戻せる可能性が高いです。

まず、相手の行為が「強迫」に該当する場合がありますが、その場合、強迫にもとづく意思表示を取り消すことが可能です。たとえば相手が脅してきたのでやむなく「示談」してお金を払ってしまった場合には、示談の成立自体を取り消してお金を取り戻せます。

また、相手に脅されて意思表示をする間もなくお金を取られた場合には、相手には「不当利得」あるいは「不法行為」が成立しますので、支払ったお金に遅延損害金をつけて返還請求することも可能です。

 

3.早期に弁護士に対応を依頼する必要性について

ただし、支払ったお金を取り戻すためには、早期に対応を開始する必要があります。時間が経てば相手がお金を使ってしまい、返ってこなくなる可能性が高くなりますし、相手が逃げてしまって連絡を取れなくなる可能性もあるからです。

また、強迫・恐喝被害に遭ったご本人が対応するよりも、弁護士が対応する方が効果的です。ご本人が返還請求をしても、相手は支払いに応じないでしょうし、さらに脅されて被害が悪化する可能性もあります。これに対し、弁護士が対応すると、相手も刑事事件にされることなどをおそれて退いていくものですし、家族にも知られずお金を取り戻せる可能性が高くなります。

 

不当請求によってお金を支払ってしまったとしても、泣き寝入りする必要はありません。一人で悩まずに、できるだけお早めに弁護士までご相談下さい。

 

すぐに弁護士に相談した方が良いケース

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ