不倫相手とのトラブル

既婚者が不倫をしていると、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

交際が順調なときは良くても、別れ際に話がこじれて脅迫事件に発展するケースも多いので、有為が必要です。

今回は、不倫相手とのトラブル例と対処方法をご紹介します。

 

1.ストーカーされる

不倫相手とうまく別れられない場合、相手がストーカーになるケースがあります。

実際に家や職場の近くで待ち伏せされるなどつきまとわれるケースもありますし、電話やメールでしつこく連絡してくることもあります。「過去を旦那にバラすぞ」などと言って復縁を求められるパターンもありますし、常に監視しているようなことをにおわせるメールや電話をしてくる相手もいます。

 

2.妊娠トラブル

不倫相手が「妊娠した」と言い出してトラブルになる例も多いです。相手によっては、実際には妊娠していなくても、慰謝料請求の方便として妊娠を理由にすることがあるので、注意が必要です。

 

3.配偶者にバラすと言われるトラブル

不倫相手と別れようとすると、相手から「奧さんにバラす」「旦那に言うぞ」などと脅されてトラブルになる例が非常に多いです。社会的地位のある方などの場合、「不倫がバレたらスキャンダルになるだろう」などと言われて高額な慰謝料や手切れ金を要求されるケースもあるので、注意が必要です。

以上のように、不倫や浮気という弱みにつけ込まれると、ついつい相手の言うことを聞いてしまいがちですが、相手の不当要求に従うべきではありません。

 

4.お困りの際は、弁護士までご相談下さい

不倫相手から脅迫されたりつきまとわれたりしたとき、自分一人で対応する方法には限界があります。対処方法を誤ると、相手の行動がエスカレートして被害が大きくなってしまう可能性もあるので、慎重な対応が必要です。

弁護士が介入すると、ご本人の代わりに相手に対峙して、違法な脅迫行為を辞めさせブロックすることができます。相手がしつこい場合、刑事告訴をして警察に取り締まってもらうことも可能となります。

早期に対応を開始すれば、配偶者に知られる前に不倫騒動を収束させることも可能ですし、社会的な立場のある方の地位や名誉を守ることもできます。

不倫相手から脅されたりつきまとわれたりして困っている場合には、お早めに弁護士までご相談下さい。

 

その他の脅迫・恐喝・強要トラブル

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ