不倫関係の果ての恐喝・強要・脅迫トラブル

夫や妻のある人が配偶者以外の異性と不倫していると、さまざまなトラブルのもととなります。いざ別れたいと思ったとき、相手から脅されて別れられなくなったり高額な金銭請求をされたりすることも多いです。

今回は、不倫関係の果ての恐喝や強要・脅迫トラブルへの対処方法について解説します。

 

1.慰謝料を請求される

不倫していると、うまくいっているときは楽しいかも知れませんが、いったんこじれると大変な目に遭う可能性があります。

相手のたちが悪い場合、別れようとしても別れさせてもらえず高額な慰謝料を請求されることがありますし、「別れるなら旦那に言うぞ」などと言われてずるずると交際を続けさせられるケースもあります。

そのうち相手の行為がエスカレートしてきて、請求される金銭額が上がっていき、対応できなくなったり生活費を使い込んで夫にバレてしまうことも多いので注意が必要です。

 

2.相手の親族が出てくる

不倫・浮気をしていると、不倫相手の親や友人などが出てきて脅迫されることがあります。

たとえば不倫関係を清算しようとして相手に別れを告げると、相手が「別れたくない」と言い、相手の親族だという人が現れて、「別れるなら慰謝料を払え」「支払わないと妻に言うぞ」「誠意を見せるべきだ」などと言ってくることもあります。

このようなとき「自分が不倫していた」という負い目から、なかなか周囲に相談できず、言われるままにお金を払ってしまい、相手の要求がどんどんエスカレートして問題が大きくなってしまうことがあるので要注意です。

 

3.不倫、浮気のトラブルは弁護士にご相談下さい

不倫や浮気をしていたことに非があるとは言っても、脅迫や恐喝行為は違法であることに変わりありません。相手の不当要求に対しては、毅然とした態度で拒絶すべきです。

ただ、自分で対応すると、うまく断れずにトラブルなりやすいものです。

そこで、不倫・浮気で脅迫被害に遭ったときには、早期に弁護士に対応を依頼しましょう。弁護士であれば、相手に対して、こちらに法的な支払い義務がないことを伝えて相手をブロックすることができます。

不倫や浮気を配偶者に知られずに解決できるケースも非常に多いですが、そのためには早期対応が重要となりますので、お困りの際にはお早めにご相談下さい。

 

その他の脅迫・恐喝・強要トラブル

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ