不倫や浮気が原因で恐喝・強要・脅迫された場合の対処方法

会社や家族にバレずに解決して欲しい方へ既婚者が出会い系サイトを使って異性と交際していると、さまざまな危険がつきものです。

相手に別れ話を切り出すと「奧さんにバラす」などと脅迫されて慰謝料を請求されたり、無理に交際継続を強要されたりすることがあるので、注意が必要です。

このようなとき、相手の言うままに従う必要はありません。

今回は、不倫や浮気の交際相手から恐喝・強要・脅迫を受けた場合の対処方法をご紹介します。

 

1.不当請求に応じる必要はない

出会い系サイトを使って不倫・浮気している場合、浮気相手や不倫相手から脅迫されても強く出られないことが多いです。

別れ話を切り出したとき、高額な慰謝料を請求されたり交際の継続を求められたりしても、本来は受け入れる必要はないのですが、「家族に言うぞ」などと言われると、トラブルを避けるためにこうした脅迫や恐喝・強要行為に応じてしまう方がおられます。

しかし、不倫や浮気をしているからと言って、相手による脅迫や恐喝・強要行為が正当化されることはありません。慰謝料を脅し取ったら恐喝罪が成立しますし、無理矢理交際を強制することは強要罪を構成します。単純に脅すだけでも脅迫罪となります。

たとえ自分が不倫・浮気している負い目があったとしても、相手による不当要求に屈するべきではありません。

 

2.弁護士に相談するメリット

出会い系サイトやアプリで知り合った相手から脅迫された場合には、言われるままにお金を払うのではなく、弁護士に対応をご依頼下さい。

弁護士であれば、ご本人の代理人として、相手に対して毅然とした態度を取り、法的義務のない金銭支払いや交際の継続をはっきり断ることができます。

また、相手の脅迫行為や恐喝・強要行為が違法であることを指摘して、必要に応じて刑事告訴すると伝えることにより、そういった違法行為をやめさせブロックすることも可能です。

早期に弁護士が介入すれば、不倫や浮気のトラブル騒動を妻に知られないまま解決することも充分できます。出会い系サイトやアプリでは、不倫や浮気のトラブルが非常に多いです。相手との関係が悪化してきたと思ったら、傷口が広がらないうちに、早急に弁護士までご相談下さい。

 

よくある出会い系サイト等のトラブル

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ