会社や家族にバラすと脅されている方へ

  • 不倫相手から「慰謝料を払わないと夫や妻にバラす」と言われている
  • 援助交際をしたところ、「会社や家族に言う」と脅された
  • 痴漢の被害者から「会社や妻にバラす」と言われて高額な慰謝料を請求されている

このように、相手から「支払いをしないと会社や家族にバラす」と脅されている場合、お早めに弁護士までご相談下さい。

 

1.支払いに応じるべきではない

不倫や援助交際、酔った勢いで暴行を振るってしまうなど、人間であれば、何らかの問題行為をしてしまうことはあるものです。

このようなとき、相手から高額な慰謝料や治療費等を請求されて「支払いをしないと会社や家族にバラす」と脅されることがあります。

すると、脅された本人は「自分が悪いのだから支払わないと仕方が無い」「会社や家族にバレたら、解雇されたり離婚されたりするかも知れない」とおびえて、言われるままに支払いをしてしまいます。

しかし、このようなときに支払をすると、相手の思うつぼです。悪質な相手の場合には、一回の請求でおさまらず、どんどん要求がエスカレートしてくることもあります。

そうなると、借金したり生活費を使い込んだりして、結局家族にバレてしまいますし、状況がさらに悪化します。

「支払いをしないと家族や会社にバラす」と脅されたときに、支払いに応じるのは最悪の選択です。

 

2.弁護士が介入するメリット

もしも相手から「会社や家族に言う」と脅されたら、すぐに弁護士にご相談下さい。

弁護士が介入すると、相手に対して毅然とした態度をとり「要求に応じない」ことを明確にします。また、相手の行為が脅迫や恐喝に該当することを示し、こちらから反対に刑事告訴すると申し述べることも可能です。

こちらが「支払いに応じない」というはっきりした態度をとることにより、相手も諦めて退いていくものです。そもそも弁護士が出てきた当初の時点で、相手が諦めるケースも多いです。

 

当事務所では、脅迫や恐喝まがいの不当要求事案の早期解決に非常に力を入れております。

家族や会社に知られず解決することは充分に可能ですので、状況が悪化する前に、お早めにご相談下さい。

 

すぐに弁護士に相談した方が良いケース

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ