【解決事例紹介】愛人契約期間中の報酬名目で多額の金銭を請求された事案

 

 皆さま、当サイトにご訪問いただきましてありがとうございます。

 いわゆる愛人関係を持っていた相手方の交際相手と思われる人物から、愛人関係にあった期間の報酬名目として数百万円の請求を受け、その後、職場や家族にも連絡して揺さぶりをかけられて困っているというご相談を受け、弊所で介入。

 当職よりご相談当日に相手方に連絡をして、当該請求に法的な根拠はないこと、揺さぶり行為と金銭の請求については恐喝行為に該当しうること、かかる請求が継続をするときには警察に相談をして事件として対応してもらうことを申し入れしました。

 相手方はそんなことをした覚えはないと惚けておりましたが、当職が今後も代理人として対応するので、いつでも連絡をしてくるように伝えると相手の揺さぶり行為は止みました。

 当方に後ろめたい気持ちがあるときや、家族や職場に知られたくないという状況にあるときには、様々な揺さぶりをかけられる可能性があります。
 以前はヤクザなどの反社会的勢力が出てくることもありましたが、今ではそういったケースは少なくなっており、一般の方がネット上での書き込みといった方法を利用して不当要求を行ってくるケースが増えてまいりました。
 その意味では以前よりも、恐喝や強要などの不当要求にさらされる可能性は高まっていると言えるかと思います。

 弊所では無料相談を365日24時間受け付けております(待機している弁護士の都合が合えば、早朝や夜中でも直ちに無料相談をお受けすることが出来る場合がございます。)。 

 さらに、深夜や早朝のお問い合わせについては、遅くとも翌営業時間にはご連絡をいたしますが、緊急のご相談のときは、担当弁護士直通番号 070-6946-7967(担当弁護士 若井) または 070-2821-5596(担当弁護士 澤田)までご連絡ください。

 こちらの直通番号にご連絡いただくのがもっとも早い対応になるかと思います(留守番電話になったときは、メッセージを吹き込んでいただくか、ショートメッセージ等で連絡いただければ幸いです)。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ