【事例紹介】不倫相手の配偶者から職場や家族にばらすと迫られた時の対処法

 

 皆さま、当サイトにご訪問いただきましてありがとうございます。

 

 弊所では不貞慰謝料(不倫慰謝料)請求をお考えの方、不倫慰謝料請求をされた方双方のご相談を専門サイト(https://baishou-bengoshi.com/)でお受けしておりますが、そのご相談の中に、脅迫的な揺さぶりをかけられて高額な慰謝料の支払を請求されているという事案が時々ございます。

 

 不倫相手の配偶者が慰謝料の請求にあたって感情的になるのは当然のところではある訳ですが、感情も行き過ぎれば恐喝にもなりかねないところがございます。

 過去にご相談いただいたケースでは、慰謝料を支払わなければ不倫の事実を配偶者にばらす(ダブル不倫のケースにおいて)という揺さぶりのほか、職場に話す(実際に職場に連絡されたこともありました)、親に話すなど、家族や職場に不倫の事実を話すという切り口で揺さぶりをかけてくるケースが多いように思えます。

 

 上記のような揺さぶりをかけられてお困りのときは弊所に速やかにご相談ください。

 弁護士が代理人として介入することで、それ以降の連絡先を弁護士にすることができます。すなわち直接の対応をする必要はなくなります。また、自宅や職場などに連絡が来ることも基本的には回避することが可能です(弊所ではご相談即日に介入することが可能です。すぐに皆さまの代理人として対応窓口となります)。

 揺さぶりをかけられた状態で慰謝料の話を進めると、妥当な範囲を超えるような金額の慰謝料となったり、無理な支払スケジュールを立てたりして、その後の生活に支障が生じてしまうおそれもあるところです。

 してしまったことについては真摯に反省し、法的な責任を果たすべきではありますが、不当に過大な責任まで負うべきではありません。

 冷静な判断ができる状況を作り、交渉をすることが重要です。

 

 弊所では無料相談を365日24時間受け付けております(待機している弁護士の都合が合えば、早朝や夜中でも直ちに無料相談をお受けすることが出来る場合がございます。)。 

 

 さらに、深夜や早朝のお問い合わせについては、遅くとも翌営業時間にはご連絡をいたしますが、緊急のご相談のときは、担当弁護士直通番号 070-6946-7967(担当弁護士 若井) または 070-2821-5596(担当弁護士 澤田)までご連絡ください。

 

 こちらの直通番号にご連絡いただくのがもっとも早い対応になるかと思います(留守番電話になったときは、メッセージを吹き込んでいただくか、ショートメッセージ等で連絡いただければ幸いです)。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

弁護士直通電話番号

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 不当要求問い合わせ